アスペルガー、ADHDの日々のトラブルを激減させるホームセラピー

アスペルガー、ADHDの整理整頓できない、 じっとしていないと言われる、 勘違い、覚えられない、よく間違える…  「またやっちゃった」を激減させる なりたい自分になるためのバッチフラワーレメディ

「大丈夫」と決意することの重要さ

こんにちは!中島さよりです。

 

バッチフラワーレメディを使うときに

一つだけ、心がけるといいことがあります。

それは、

 

「大丈夫」と決意することです。

他にも「治るんだ」「変わるんだ」

…… など、色々あります。

 

何が大切かって、自分自身が

自分自身のために「決める」

ということです。

 

例えば、インフルエンザが猛威を

振るっていたとき。

 

子ども時代から、毎年、予防接種をしても、

インフルエンザになり続けていた私にとっては

冬といえば、怖さと不安が交叉するシーズンでした。

 

ですが、あるとき、予防接種は無駄だ!

そのための時間とお金を予防に費やそう。

 

食事と睡眠、そして手洗いうがいと湿度

それらを気をつけて元気に過ごそう。と。

 

毎日、朝昼晩と、バッチフラワーレメディで

ストレスや疲れのケアをしている。

 

出来る限りのことをしているのだから、ならない。

そういう自信が持てたのです。

 

自信が持てたのも、バッチフラワーレメディのお陰ですね。

おかげさまで、それ以来、インフルエンザとも無縁になりました。

誰も風邪すらもひかなくなりましたよ!

 

決められる。

自信が持てる。

 

って素晴らしい恩恵をもたらします。

 

 

あ。

昨年は、久しぶりに、息子たちが

インフルエンザになりました。

 

のどが痛い、緑の鼻水が出る。というので、

病院に行ったら、反応が出ちゃったのです。

 

それでも、のどが痛いだけで、熱も出ないし…… 

不思議なインフルエンザでした。

 

ちなみに…… 娘っ子は、インフルエンザの

お兄ちゃんたちの間で、川の字になって

寝ていましたが、インフルエンザにはなりませんでした。

 

すごいねーと言っていると…… 

 

「インフルエンザ?? 

ふん(鼻の先で笑いながら)

そんなもんになるわけがないでしょう?

バッチフラワーレメディ使って、

手洗いうがいしてちゃんと寝てるもん。

馬鹿にしないでくれる???」

 

やはり、決意と自信、かなり重要です。